読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エジる

エジプト現代小話、古代エジプト、観光、アラビア語、レシピなどエジプトをエジるブログです



スフィンクスの目から見た日本

ちょっと前に、伊豆半島伊東市へ行ったときのことね。

東海館っていう旅館だった建物を見学にいったのよ。そこでまたエジプトを思い出しちゃうようなことがあってね・・・こんなところで思い出さなくてもいいわよ、もう!なんて正直思ったわ。でも伊東とエジプト? あまり関係なさそうよね。

ま、ミイラみたいな奴がいたってこともあるんだけど、東郷平八郎がパネルで紹介されていたの。晩年に愛したまちが伊東だったってことらしいわ。

 

さて、そんな東郷平八郎。エジプトでも有名だった人よ。

日露戦争で勝利した日本は、当時イギリスの支配下にあったエジプトにとって「希望」だったのね。アジアの小国が大国ロシアに勝った、自分たちもやれば独立できるんだ!って。

遥か遠くで、日本の勝利を喜んでくれてたらしいわ。

バルチック艦隊を破った英雄の名前トーゴー」を子供に名付けちゃう人がいっぱいいたんだって。

 

f:id:tokiwoirodoru:20170225220605j:plain

 

本当にトーゴーさんなんていう変な名前の人がいたのかしら?って気になったから、そこはやっぱり調べちゃうでしょ?

私が聞いたエジプト人は、トーゴーなんて名前のエジプト人知らないし、東郷平八郎の話も知らないって・・・(-_-;)

 

でもね、いたわ。

Togo Mizrahi(توجو مزراحي)トーゴミズラヒ

エジプトのユダヤ人だったみたいね。Wikipediaにも載ってたのよ。ただ、生まれた年が気になるけど、そこは見なかったことにして・・。こんなことも書かれてた。

  He was named after Admiral Togo, commemorating Japan's victory over Russia in the Russo-Japanese War. 

           Togo Mizrahi - Wikipedia より

 

私がそんな東郷兵八郎の話を読んだのは、駐日エジプト大使だったヒシャム・バドルさんが書いた本ね。2008年発行になってるから、ちょうどその頃はエジプトに関する本をたくさん読んでた時期だったかもしれないわ。日本人が書いたエジプトについての本はあっても、エジプト人が書いた日本についての本なんて読んだことなかったから、やった!って喜んだことをよく覚えてるの。

 

 「スフィンクスと日本刀」←ね、私が食いつきそうなタイトルでしょ? 

まさにこのイメージね。↓↓ 

f:id:tokiwoirodoru:20170226175836j:plain

文久3(1863)年に派遣された遣欧使節団がエジプトを訪問したときの写真

(スフィンクスと侍の写真) | 国立国会図書館

 

せっかくなので、この本の中から、スフィンクス(エジプト人)から見た日本をほんの一部紹介するわ。

 

「以心伝心」や「一期一会」みたいな言葉の奥にある精神を理解するのはお金に置き換えられない楽しみだと言っているわ。京都龍安寺で「吾唯知足・われただたるをしる」の四文字の説明を聞いたときは、イスラム教の考え方と似ていると感じたそうよ。

20世紀初頭に日本に滞在したエジプト人が書いた日本についての本にも、日本人はイスラムの理想とする行動様式に似てる、アッラーを信じないムスリム、みたいなことが書いてあったそうよ。

私も、イスラムの教えを知ったとき、「これ日本人の考え方と一緒だな」なんて思うこともよくあったわ。トイレのウォシュレットなんてそのものだしね。(違うなと思うこともあるわよ、”犬に舐められたら7回洗う”とか!)

 

それから日本は地震や台風とか自然の脅威にさらされてきたことで、人間の弱さを知り自然に対しての敬意があるからこそ、逆に自らへの謙遜心があるんじゃないかって。なるほど、そんな風に考えたことなかったわ。

 

こんなことも。戦後から経済大国に発展した成功のひとつに、日本人の知識への探求心をあげているの。世界の情報があっという間に翻訳され、日本国内にいながら読めるその本の多さに驚いたそうよ。ただ、外国人が日本語を翻訳しようとしても、日本語を理解していないと難しいと。「わび」とか「さび」とか・・。そうよね、ほんと。

それに、日本人の”美意識”や”粋”を楽しむ心も、日本語の習得なくしては理解できないことだと。

世界各地を旅した著者にとっても、ニッポン文化はユニークで珍しいものだったんだって。興味があったら読んでみて。

スフィンクスと日本刀―エジプト大使から見た日本人の美徳

 

 

さて、最後におまけ。

日本語を勉強してるエジプト人。日本人が英語勉強するときにアメリカのドラマを利用するように、エジプト人も日本のドラマが役に立ったりするらしい。日本に留学してたり、ネットの怪しいサイト?とか、とにかくよく見てる人から言われたこれ。

「日本のドラマでウケる謎のシーン」

 

女の子がお酒飲みすぎちゃったりして、思わぬ男性と夜ベッドをともにしちゃったみたいな場面ね。女の子は朝、目が覚めて我に返るでしょ?

そこで、ハッとして布団を持ち上げて中をのぞく・・・

まさにここね!

めっちゃウケてたわ。

あれは自分が裸か確かめてるのかしら? 何気なく見過ごしてきたけど、確かに変ね・・・このシーンが結構あるみたいで、かなり謎らしいわよ。日本人おかしいと。

この話聞いて以来、私もついここで笑ってしまうわ。

 

あら、この情報いらない?